天国の本屋―うつしいろのゆめ

a0002458_1271233.jpg天国の本屋―うつしいろのゆめ 新潮文庫
松久 淳 (著), 田中 渉 (著)

天国の本屋シリーズ第一作については古ノートに書いてあります。
これは3作目なのかな相変わらず、かなりの読みやすさです。
文章がすっと頭に入ってくる。文体の相性が良いのかな。
今回は三流結婚詐欺師がヘルパーになる話です。
こう書くと内容がさっぱり創造できないな。

このシリーズ、あとは映画化された恋火だけになりました。
[PR]
by ikumuw | 2004-09-16 12:05 | books | Comments(1)
Commented by 石けん at 2004-09-24 18:17 x
あら、3作目出てたの?読まなきゃ。


<< 心が元気になる英語のことば はじめて考えるときのように >>