週末は海にいます

a0002458_22283261.jpg週末は海にいます
渡良瀬 一郎 (著)

ソフトバンクのオンライン小説のコンテストで大賞を受賞した作品らしい。

暗い出生の過去を持つ美紀と彼女の婚約者の健介,二人の視点から,それぞれの10ヶ月を描く。美紀は結婚式直前,本当の父の行方を聞き,失踪する。ふるさとで本当の父と再会,そして最後を見送る。健介は失踪した美紀を友人たちと探し遂に。。。

読みやすい小説です。じっくりと描かれた美紀の視点から書かれた1章。2章はそれも踏まえ健介の視点から早い展開でストーリーが進む。3章は再会で終了。3章があっけなさ過ぎるかな。全体としてまとまったストーリで悪くはないです。携帯の画面と本では同じ文章でもイメージが違うかな。まぁ,私も実家に帰ったときは,週末は海にいます。
[PR]
by ikumuw | 2010-12-08 22:29 | books | Comments(0)


<< だいじょうぶ3組 単独行者 >>