行列で最小二乗法を理解しよう

測量技術読本 行列で最小二乗法を理解しよう

小白井 亮一 / 山海堂


最小二乗法と測量について読み物風に書かれた教科書です。本自体はやや分厚いですが読み物風で読みやすいです。特に,前半の数学的背景に関する記述が楽しく読めました。観測データから仮定との誤差が最小になるように近似値を求める最小二乗法と測量との関係もよくわかると思います。測量は大学で勉強しましたが,数学的背景が重要と思います。教科書と併用すると良いと思います。
[PR]
by ikumuw | 2011-03-30 08:23 | books | Comments(0)


<< 鉄と鉄鋼がわかる本 職業としての科学 >>