機械じかけの数学

機械じかけの数学 リーマンの定理、オイラーの公式への力学的アプローチ

マーク・レヴィ / 青土社


数学者が物理的に数学を考えるという意欲的な著書の翻訳。原題はThe Mathematical Mechanics。物理において厳密な議論を進める上で数学は必要不可欠なツールであることは間違いありません。それを逆向きに数学問題を物理的に考えることで簡単に理解/証明できるという内容です。物理や数学など学問領域がもっと曖昧だったはるか昔には,そういう考察がなされていたかもしれません。本書を読んでみても今となっては証明できているのか怪しい項目が多々ありますが,科学者としての直感を養う上では良い内容なのかもしれません。
[PR]
by ikumuw | 2011-04-28 06:59 | books | Comments(0)


<< TRON 英国王のスピーチ >>