iモード事件

a0002458_11461072.jpgiモード事件 角川文庫
松永 真理 (著)

今では当たり前な携帯電話情報サービスi-modeがどうやってできたかという話。転職雑誌「とらばーゆ」の編集長であった著者がこのプロジェクトのためにNTTへ招かれ、プロジェクトが終了し、退社するまでの話。最中の人間関係や苦労話が読みやすい文体で書かれている。松永さんの文章は好きです。

ネットワーク技術の革新やインフラ整備はもちろん重要だったとは思うけど、i-modeの成功はアイデアとポリシーにかかっていた思う。今でもi-modeのシステムのデザインは良くできていると思うし、進化し続けている。ビックプロジェクトにはいろんな人が関わっているのだねぇ。。。

元転職雑誌の編集長らしい「なぜ仕事するの?」という本もあります。働く女性向け。
[PR]
by ikumuw | 2004-11-18 11:40 | books | Comments(0)


<< 伯楽星 イリュージョン >>