鉄道の未来学

鉄道の未来学 (角川oneテーマ21)

梅原 淳 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



鉄道に造詣が深い著者が,現在の日本の鉄道が置かれている状況を統計から考え,新幹線・都市交通・幹線鉄道・超伝導リニアといった鉄道の未来について,考察をしていく。
日本の鉄道は新幹線を代表として世界的にも特殊な発達を見せているが,その未来はなかなか厳しい。超伝導リニアは著者の考察から考えると現実的には難しそうです。たしかに超伝導は実用的でない気がします。私的には北陸新幹線は上越までの延伸で北陸本線と連結すれば十分。長野から南下して名古屋へ向かうルートを整備した方が良いと思います。
最後は大震災による被害と中国の高速鉄道事故に関して言及しています。この章も読み応えがありました。今後も鉄道が安全な乗り物であることを期待します。
[PR]
by ikumuw | 2012-02-16 23:03 | books | Comments(0)


<< おかえり、はやぶさ パワポで極める常勝プレゼン >>