脱原発。天然ガス発電へ

原発の代替エネルギーは天然ガスの火力発電という趣旨の本。原発の発電効率を補うためには風力発電や太陽光発電では役不足ということは世の中の人は薄々気づいているわけですが,火力発電はCO2排出があり,また,資源は有限ということで代替材料と考えられないと思っていました。しかし,本書によると,天然ガスは意外と豊富にあるそうです。それなら火力発電は非常に有用な選択肢かもしれません。世界もその方向に動き出しているようです。ただ,肝心の天然ガスの供給体制は課題が多そう。

取り急ぎ,核融合などの次世代技術ができるまでは,天然ガスと省エネで何とか文明を維持できるのかな。勉強になりました。

大転換する日本のエネルギー源 脱原発。天然ガス発電へ (アスキー新書)

石井彰 / アスキー・メディアワークス


[PR]
by ikumuw | 2012-05-31 22:38 | books | Comments(0)


<< 非線形有限要素法-弾塑性解析の... 5分で書く! 英文ビジネスeメ... >>