かもめのジョナサン

a0002458_1415162.jpgかもめのジョナサン
新潮文庫
リチャード・バック (著), 五木 寛之 (翻訳)

リチャードバックの代表作。ま、私はイリュージョンの方が好きなんだけど。テーマも同じだし。。。
この本は薄い。だから、いつでも読もうと思うとすぐに読める。しかし、いつも何か違ったものが心に残る。厳格なルールのある社会、そこから抜け出すきっかけをくれる仲間、放たれ、新しい世界で新しい自分を見つける、そして、教授、伝承。孤独とか規律とか常識とか、いろんな場面でいろんなことを考えさせる独特の雰囲気がある。
巻末にある訳者の辛口解説も好き。必見。
[PR]
by ikumuw | 2005-01-29 14:14 | books | Comments(1)
Commented at 2005-04-08 19:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 巻町 オールドフィッシャーマンズ >>