天使の卵

a0002458_1437040.jpg天使の卵―エンジェルス・エッグ
村山由佳

19歳の画家志望の予備校生と8歳年上の精神科医の恋が一年間に渡って描かれる。そして、突然の別れ。韓流ドラマのようにちょっとありえない展開が続く純愛小説です。ストーリーには無理やりさが感じられますが、"みずみずしい"と形容される村山さんの感性とそれを表現する素直な文体が青春を題材とした物語とマッチしています。流行にあっているのでドラマ化や映画化されないのかなと思っていたらどうやら映画化されるらしいです。詳細は不明。ちなみに、この話の10年後が描かれる続編"天使の梯子"が昨年発刊されました。まだ、読んでません。

村山由佳作品には"おいしいコーヒーの飲み方"というシリーズがあり、新作は公式HPでWebノベルとして読めてしまいます。第7部まで本屋さんで立ち読みをして現在はWebで読んでいる私、、、村山さん、ごめんなさい。
[PR]
by ikumuw | 2005-05-05 14:37 | books | Comments(0)


<< 考具 一家に一枚周期表 >>