アインシュタイン 150の言葉

a0002458_1451933.jpgアインシュタイン150の言葉
Jerry Mayer, John P. Holms (原著)
ディスカヴァー21編集部 (翻訳)

"Bite-Size Einstein" というアインシュタイン語録の訳本です。原書は結構有名らしいです。私は素敵な装丁に惹かれて手に取りました。中身のデザインは1ページに1~3くらいの文が縦書きだったり横書きだったり大きな字だったり、自由な形式で書かれています。本としては原書より良くできているんじゃないでしょうか。
内容も興味深いです。短文ですが天才アインシュタインの人間臭さが伝わってきます。でも、正直言って英文もつけて欲しいです。そこだけが残念に思えた一冊です。

いくつか紹介します。
(14)人は、海のようなものである。あるときは穏やかで友好的。あるときはしけて、悪意に満ちている。ここで知っておかなければならないのは、人間もほとんどが水で構成されているということです。
(35)わたしは、先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうのですから。
(115)教えるということは、こちらが差し出したものがつらい義務ではなく貴重な贈りものだと感じられるようなことであるべきです。

[PR]
by ikumuw | 2005-05-11 14:51 | books | Comments(0)


<< Brushfire Fairy... 考具 >>