泣かない子供

a0002458_17403685.jpg泣かない子供
角川文庫
江國 香織 (著)

作家で翻訳家の江國 香織さんのエッセイ2作目です。文庫本2~4ページの短い散文が続きます。とっつきやすい。印象としては日記。著者の日々がつづられています。

エッセイというのは特に形式なくそこはかとなく書かれるもの。だから著者との相性ってあると思う。この本、内容がおもしろかったかというと微妙ではあるが(読書日記とか、、、)共感できるところも多々あり、文章からイメージされる江國さんの人間像は嫌いじゃない。

装丁がかわいらしく、本屋さんでついつい手にとってしまう一冊です。
[PR]
by ikumuw | 2005-06-06 09:08 | books | Comments(0)


<< 聖籠観音の湯 ざぶ~ん 先生、走ろう -喜怒哀楽の30年- >>