大切なことは60字で書ける

a0002458_1525427.jpg大切なことは60字で書ける
高橋 昭男 (著)

60字で書ける。何が書けるかというと一文がです。この本のタイトルは
『他人に情報を伝えるためには一文には伝えたいひとつの情報を。必要でないものを排除し、簡潔な文章にすれば60字以内に収まります。』
という趣旨を意味します。しかし、これについて書かれているのは冒頭部のみで中盤はわかりやすい文章を書く際に気をつけなければいけないこと、後半は使えるひな型集、つまり、テンプレートのことが書かれています。ひな型は非常に有用と思います。どんなものがあるというと
  Q&A、時系列、箇条書き、並行方式、積み重ね方式、段階式、起承転結、序破急
知っている人は知っているこれらの文章展開の基礎が解説されています。
ちょっと気がかりなことが参考文例が環境問題についてのものなんです。これがわかりにくいというか、あまり読む気を誘わないというか、、、もっと気を引くテーマや古典文学の名文を引用した方が良かったんじゃないかと思います。
全体としてはさすがに簡潔に書かれていて読みやすく、コンセプトも伝わってくる良書です。独創性には欠けるかな。
[PR]
by ikumuw | 2005-07-30 16:24 | books | Comments(0)


<< 図書室の海 ゆっくりさよならをとなえる >>