女王の百年密室

a0002458_12132156.jpg女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN
森 博嗣 (著)

森 博嗣の著作を読もうとこの本を手に取ってからどれくらいのたっただろう。600ページ近くもあり,第二編(迷宮百年の睡魔)まであるこの長編を第一編は2回(第二編は1回)も読んでしまった。ジャンルとしてはファンタジーなのだがテーマが難しい。第一編は死が忘れられた幻の街ルナティックシティを舞台として死や神の存在、犯罪などを中心にミステリー調のストーリーが展開する。第二編は伝説の島イルサンジャックを舞台として人間の尊厳とは何か?という重々しいテーマとナゾの多いストーリー。共に後半の謎解きに入るとびっくりします。ちなみに話が続いているので順番に読まないとダメです。
時代設定は22世紀で登場人物は主人公サエバミチルと相棒でウォーカロン(walk aloneの略でサイボーグみたいなもの)のロイディ。ロイディはかなり重要な役を担っている。他に両編に登場する王家であるスホ家の人々。森先生のイメージする未来の科学技術と価値観は興味深いです。とても緻密に構成された世界で読み応えがあります。そして、いちいちカッコイイセリフが炸裂します。クリスティナ・ガルシア・ロデロの写真を表紙とした装丁も格好良く完成度の高い作品です。すごい。
[PR]
by ikumuw | 2005-08-09 12:13 | books | Comments(0)


<< Jean Prouve展 道後山大会を忘れない会 >>