秘密。―私と私のあいだの十二話

a0002458_12121130.jpg秘密。―私と私のあいだの十二話
ダ・ヴィンチ編集部

ダ・ヴィンチ関連続きます。この作品は「君へ。」の続編と言えるかもしれない。ダ・ヴィンチなどに連載された日本テレコムShortTheater「心をつなぐ言葉たち」ほかをまとめたものです。エッセイではないけど。一編の長さは3、4ページと同じくらい。一人の作家が2編ずつ書いていて2つで1セット。2名の登場人物の視点から同じストーリーを描く。例えば、はじめの吉田修一さんの作品は運送会社の配達人と荷物を受け取る人。異なる話が交差していたり、違う視点で描かれたり、とてもおもしろい趣向です。
個人的に好きなのは森絵都さんの「彼女の彼の[彼の彼女の]特別な日」かな。男女の出会いを描いています。森絵都さんといえば今年の夏も『DIVE!』が書店に平積みされてました。青春スポ根作品です。こちらもオススメ。

さて、ダ・ヴィンチの3冊を読んできて私の評価は
   君へ。 > 秘密。 > ありがと。
ですね。『君へ。』と『秘密。』は傑作です。とりあえず、読んで好きな作家を探すというように使ったら良いのではないでしょうか。
[PR]
by ikumuw | 2005-09-21 12:11 | books | Comments(0)


<< Cinderella Man ありがと。―あのころの宝もの十二話 >>