Cinderella Man

a0002458_21291227.jpgなんもかもほめるわけやないけど、エエモンはエエですよ。
この映画、ほんまグワーっと来るわ。(井筒和幸監督)

ボクシング映画は好きなのです。リアルな試合自体はそんなに見ないけど。この映画は実際に存在したヘビー級チャンピオンのお話。時代は世界大恐慌のころ、1930年代かな。一時期は活躍し、KOされたことのないベテランボクサーJim Braddockは貧乏生活を送っている(株で大損した?)。時代が時代なので仕事がない。怪我続きで昔の面影はないが細々とボクシングを続けている。ある日、拳を骨折しているにもかかわらず生活のために試合に出て、ライセンスを剥奪される。大きな収入源を絶たれその後はさらに困窮を極めるが、あるとき世界ランキング2位の選手の相手が怪我をしたため、急遽招集される。引退試合のつもりで出た試合で勝ってしまう。その後、彼に便乗してお金儲けをしようという思惑とともに次々試合をこなし、最終的には。。。
テーマは2度目のチャンス。大恐慌という時代に多くの人に希望を与えたのでした。Braddockは結構長生きしたみたい。最終的に幸せになったこともCinderella Manだ。それにしてもこの映画で最後に描かれた試合の後も数年ボクシングを続けたようだがいったい何歳だったんだろう。Russell Croweが演じているからてっきり40歳を越えてるのかと思ったが。。。もうちょっと若い役者で良かったんじゃないかね。
Jim Braddock。こんなにすごいチャンピオンがいたことをみんな知ってるのかな。時代が古すぎるのかな。まじめなノンフィクション映画です。上映時間140分強とちょっと長いけど良いです。
公式サイト
[PR]
by ikumuw | 2005-09-22 20:59 | movie | Comments(0)


<< eastview 秘密。―私と私のあいだの十二話 >>