ビッグバードが教えてくれた大切なこと

a0002458_13445363.jpgビッグバードが教えてくれた大切なこと
キャロル・スピニー (著), J.ミリガン (著), 舩渡 佳子 (翻訳)

セサミストリートはご存知の通り、就学前教育を目的としたTV番組で、さまざまなマペットや派ペットが登場する。この本はセサミストリートのメインキャラクターであるビッグバード(とオスカー)の中に入っているキャロル・スピニー氏の自伝です。セサミーストリートはかなりの長寿番組なのですが彼は創成時から中心となって関わってきた人物なのでセサミーストリートがどのように産まれ、発展し、世界中に広まって行ったかなどが内輪の話を交えて26のエピソードで綴られています。セサミストリートファンは必見。
セサミストリートと出会い、国交がほとんどなかった時期の中国へ行き、数々の賞を受賞することができたのはお金や名声ではなく、地域や世界に貢献できるやりがいのある仕事をしたいという夢を持ち、自分を信じて進み続けるという一貫した姿勢を通してきた結果だという著者の人生観がひしひしと伝わってきます。以下、引用
  僕が学んだ第一の教えは、夢を持つことの大切さで、第二はその夢を信じることだ。
  信じる以外、夢をかなえる道はない。

 原著 "The Wisdom of Big Bird "
[PR]
by ikumuw | 2005-09-25 13:44 | books | Comments(0)


<< 文鳥・夢十夜 eastview >>