座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本

a0002458_13331356.jpg座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本
齋藤 孝 (著)

この本は親交が深かったエッカーマンとゲーテの対話を収録した『ゲーテとの対話』を指南書の売れっ子作家(?)の斎藤孝氏が独自の視点で解説したものです。『ゲーテとの対話』はさまざまなテーマについて触れられていて名著なのですが、3巻からなる大作、普通の人が手を出すにはなかなか重い。そこで、本書の登場です。斎藤氏の経験した出来事を踏まえて、現代風に解説し、かつ、素直な読みやすい文体で書かれています。
章立ては『集中する。吸収する。出会う。持続させる。燃焼する。』という人生を豊かに生きるために必要不可欠な5つのカテゴリーからなり、まさに壁に突き当たったときに開いて自分の欲しいヒント・方法論を探すことができるようになっています。
もちろん、原著『ゲーテとの対話』から見れば情報量は少ないですが入門編として身近においてゲーテと対話できる一冊です。
[PR]
by ikumuw | 2005-09-29 13:33 | books | Comments(0)


<< 高校生のための評論文キーワード100 文鳥・夢十夜 >>