a0002458_12303036.jpg
監督: 西谷真一
出演: 大沢たかお 、柄本明 、牧瀬里穂 など

金城一紀原作、大沢たかお・柄本明主演の映画。銀行マン大沢たかおはある日、頭痛に襲われ病院で動脈瘤と診断される。手術しなければ死ぬ。手術しても記憶障害が予想される。どちらにしても自分が自分でなくなる気がして何をやる気もなくなり仕事を辞め引きこもっていた。ひょんな筋からドライバーのアルバイトを紹介される。依頼主は新聞で話題になっている弁護士柄本明。高速道路を使わず国道での東京から指宿までの二人の長い旅が始まる。。。

ひたすら旅を続けるロードムービー。単調だから聴衆をあきさせない映像と演技が求められる。単調だから最後の感動もひとしお。柄本明の演技が良い!!それに負けない大沢たかおの自然なのに存在感のある演技。原作と映画のストーリーはちょっと違うかもしれませんが原作の他者との対話によって心を開いていくというテーマがみごとに表現されています。そして、美しい風景の描写。秀作です。

なぜ国道で行くのか。どうして花というタイトルなのか。それは見てのお楽しみ。
注) 現在上映中の映画ではありません。
[PR]
by ikumuw | 2005-10-11 12:28 | movie | Comments(0)


<< 夜のピクニック この世で一番の奇跡 >>