In her shoes

a0002458_13433858.jpgIn her shoes

Cameron DiazとToni Colletteの姉妹のお話。題名は姉のローズ(Toni Collette)が履きもしないのに靴集めが趣味なことからかな。ローズは弁護士、妹のマギー(Cameron Diaz)は難読症。文字が読めない。だからというわけではないが無職で実家を追い出されて姉のところに転がり込んで、そこでもいろいろあって追い出される。行き場所がないマギーだが死んだ母方の祖母が生きていることを知って祖母の下へ。その老人ホームで仕事をはじめる。そこで盲目の老人に本を読み聞かせることで難読症を克服していくところが感動的!!っていうかこの老人役がこの映画で一番いい役でしょう。老人ホームの老人たちはみんな言い味出してます。姉のローズは妹とのいろいろあったことをきっかけに弁護士事務所を休んで犬の散歩屋をはじめる。生活が変わったことで堅物だった姉も少しずつ変わっていき、弁護士事務所の仲間と婚約。そして、姉妹は再会へ。。。
それぞれ内面と外見にコンプレックスを持っている姉妹の心のすれ違いと葛藤、そして、自分探しが描かれているといったところでしょうか。一部、妹の行動にオイオイってところはありますが、それ以外はほのぼのとした感じです。展開もわかりやすい。Cameron DiazとToni Colletteがしまいっていう設定はギリギリOKって感じですかね。配役は絶妙で良かったかも。
[PR]
by ikumuw | 2005-11-26 13:43 | movie | Comments(0)


<< 「分かりやすい説明」の技術 江戸の食文化 -- スローフ... >>