気くばりのツボ

a0002458_1832190.jpg気くばりのツボ
山崎 拓巳

著者はあるとき自分のキャラクターを変えることに興味を持ちました。そして、気配り上手な人を観察し、その行動を研究したのです。その研究成果である気くばりのツボをまとめたものです。「こんな態度で人と接することができたら良いのに、こんなことしてもらったらうれしいな。」多くの人ががそう思う態度、行動を使用例とポイントとともに紹介しています。

自分を変えるためには、もちろん読むだけではだめです。ここに書かれているような行動を、柄に合わないかもしれないけど、とにかく実行し、続ける。そうすれば、いつかそれが自分のキャラクターになっていくそうです。その考えは私も間違っていないと思います。少しの心がけで自分の個性や人間関係も変えることができる。

紹介されているツボは25あります。その中には私が自然に心がけているものもたくさんありました。気配り上手を目指してこれからまた精進します(笑)。
[PR]
by ikumuw | 2006-01-29 22:57 | books | Comments(0)


<< 比叡山 天台宗開宗1200年 ハンバーガーを待つ3分間の値段 >>