SPIRIT -スピリット-

a0002458_12533022.jpgSPIRIT -スピリット-

この映画、いきなり格闘シーンから始まる。場所は上海、日清戦争に破れ、外国人が幅を利かせる低迷状態の中国で、中国武術代表の霍元甲と4国(アメリカ・イギリス・フランス・日本?)の代表が連続で戦う。霍元甲は次々と倒し、最後に日本武術の達人との対戦。ここで、霍元甲が子供の頃に戻り、この場に至る経緯が語られる。格闘シーンのアクションが演出に効果的に使用されていて感心。

病弱だった子供が天津一の武術家になり、落ちぶれて、中国復興のために立ち上がるまでが描かれる。武術家霍元甲のドキュメントなのでとにかくどこに行っても戦う。格闘シーンはワイヤーアクションだけど少な目で本格的な感じ。そして、最後に場面は戻って日本武術の達人である中村獅童と対戦するわけだが、ん~結末は。。。

この話は一応、史実に基づいていて、実はこの後に、ドラゴン怒りの鉄拳(ブルースリーは霍元甲の弟子)が続いたりするんだけど、本当は霍元甲の死因は病死らしい。。。

思ったより、悪くない感じで日本人が描かれていて安心しました。
[PR]
by ikumuw | 2006-03-27 12:53 | movie | Comments(2)
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2006-03-28 13:14 x
こんにちは!
いやぁ、、、獅童クン、おいしすぎでしたね、この役。
Commented by ikumuw at 2006-03-28 13:46
おいしいって出番が最初と最後だけってところですか!?
出番は少ないですがとってもいい演技してましたよね。
エンディング曲はいけてませんでしたよね。


<< Millions 話すヒント―灯台に学ぶココロに... >>