アイアンマン―トライアスロンにかけた17歳の青春

a0002458_0323340.jpgアイアンマン―トライアスロンにかけた17歳の青春
Chris Crutcher (原著), 金原 瑞人 (翻訳), 西田 登 (翻訳)

ホエールトークに続くクリス・クラッチャーのスポ根小説です。

主人公ボーリガードは高校生。両親は離婚して母親と一緒に住んでいる。ある日,英語の先生と口論になり,短期矯正クラスに通うことになる。それから半年後のトライアスロンレースに出場するまでの物語。友情あり,恋愛あり,喧嘩ありの青春小説です。ただし,ホエールトークと同じように,ストーリーの中で社会問題を描いていて,内容が非常に重いです。今回は特にDVが中心。主人公もその被害者。お気楽では読めません。だからこそ読み応えがある。
この本は構成がユニークで,主人公がラジオ番組のDJに送った手紙とストーリーが交互に書かれている。2つの視点から描くことでストーリーにアクセントがつき,良い感じです.

主人公はストータンを目指しているのですが、これは"stoic"と"spartan"を組み合わせた造語。禁欲・質実剛健主義なアスリートを表すもので30年くらい前にはじめて使われたそうです。

最後に,トライアスロンといえば,Swim1.5km-Bike40km-Run10kmが標準的なレースのフォーマットなのだが,本書で描かれているトライアスロンはちょっとユニーク。Bike-Run-Swimの順でBikeが短くなってSwimは距離が倍。本気で競技をやっていない人を排除するためにこうしてハードルを高しているらしい。なかなか興味深い考え方だが,参加者を大会側が削るような案は日本では通らないな。Swimが最後だと危険だし。アメリカではこんなフォーマットでもやられているのだろうか。
[PR]
by ikumuw | 2006-04-28 00:31 | books | Comments(2)
Commented by ギン前田 at 2006-05-03 00:00 x
お元気?

で,引越し先はどちら?
Commented by ikumu at 2006-05-03 02:28 x
どうも。Swanseaに来ましたがまだ住居が決まらず困ってます。。。


<< 天国の本屋 恋火 ゾフィー21歳 ― ヒトラーに... >>