Fist of Legend

a0002458_1002534.jpgFist of Legend

Fist of Legend はブルースリーのFist of Fury をジェットリーがリメイクしたものです。Fury(怒り)からLegend(伝説)になっています。ジェットリーはブルースリーほどの存在感はないですが、それなりに役にはまり別の映画になっています。

怒りも伝説もストーリーは同じ、師匠が死んだという知らせを聞いて師匠の下へ駆けつけ、師匠が日本人に毒殺されたということを知り、復習が始まるというものです(Spirit参照)。主人公ジェットリーは京都大学の留学生。ヒロインの中山忍と恋仲。知らせを聞きつけて中国へ帰る。そこで、次から次へと日本人と戦いまくる。

格闘シーンが良いですね。Spiritでも良かったですがなんだか無理の無い格闘シーンです。最後の敵の長官はちょっとやりすぎな感じでしたが、その前の中山忍のおじさんとの戦いは白熱でした。とはいえ、映画全体がそうなのですが突っ込みどころ満載です。道場で靴を脱ぐのは良いが靴下は脱がなかったり、中国に帰ってからもずっと学生服を着ていたり、師匠の死体からおいしそうな肝臓が出てきたり、、、それもこの映画の魅力と思いましょう。

ドラゴン怒りの鉄拳に比べると全体的に日本に対して友好的な感じです。こちらの方が先に制作されていますが、そういう意味でもSpiritの続きととらえても良いかもしれません。日本では上映されていないようですが今ならそれなりに人が集まるかも。

ちなみに私が見たのは英語吹き替えですが、オリジナルは日本語と中国語が入り混じっているようです。そっちも見たい。。。
[PR]
by ikumuw | 2006-06-04 09:58 | movie | Comments(0)


<< 人はなぜ「美しい」がわかるのか 週120ポンドで暮らすロンドン生活術 >>