寺田寅彦随筆集 (その1)

a0002458_8275483.jpg寺田寅彦随筆集
寺田 寅彦 (著), 青空文庫 (編)

夏目漱石の弟子で物理学者の寺田寅彦先生の随筆集を青空文庫で読み進めています。

第一巻は自然について。

冒頭の「どんぐり」はかなりセンチメンタル。そうかと思えば「とんびと油揚」のように物理学者らしい自然の考察があったり、「あひると猿」のように日記のようなものもある。多岐に渡る内容ですが決まって自然が丁寧に描写されています。飼い猫に書かれているシリーズも良いのですが、私の好きなの(というよりは気になるの)は「藤の実」。落葉というのは風が無くとも時がきたらいっせいに起こるそうでそれを何度か見たという話が載っています。その現象を見てみたい。。。

岩波文庫と青空文庫は整理の仕方が違うんですね。同じ気でいました。
[PR]
by ikumuw | 2006-06-12 08:28 | books | Comments(0)


<< 不実な美女か貞淑な醜女か 人はなぜ「美しい」がわかるのか >>