ウェブ進化論

a0002458_7524026.jpgウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫

Googleを中心に今、ウェブの世界で何が起きているのかを震源地であるシリコンバレーに住む著者が書いたものです。

これから世界中のあらゆる知識が再編成される情報革命が起こるとしてそのキーワードとなる『インターネット』『チープ革命』『オープンソース』の三つを解説し、ブログやオープンソースによる誰もが非営利目的で自己を表現するにいたっている社会現状や今後の展開の予想などが主な内容。これらの中心にいるのがGoogleであり、Google社の考え方ややろうとしていることはとても興味深いものです。これまでのどの会社とも似ておらず、これまでの社会の秩序を破壊するまさに革命。日本でもこの潮流に乗って"はてな"社などががんばっていますが、実ははてなの代表取締役がこの本の著者。

GoogleもはてなもそうなのですがWeb上で利用可能なサービス(多くの場合はブラウザを通して)は特にソフトをインストールをする必要もないのにいろんなことができて、さらにそのソフトは日進月歩で開発されている。ユーザーは当たり前のようにそのサービスを享受していますが実はすごいことが起こっていてその先に何があるのか考えてみるのも良いかと思います。次世代の社会やビジネスが見えてくるかも。
[PR]
by ikumuw | 2006-07-25 07:51 | books | Comments(0)


<< superman returns Blue Butterfly >>