V for Vendetta

a0002458_1013691.jpgV for Vendetta

国際線の中で見た映画です。これはメジャー作品かな。原作はコミックらしいです。

舞台は第三次世界大戦後のイギリス。国の秩序は独裁政権とコンピューターシステムによって管理されている。ある日、貧困のために身を売ろうとした女性Eveyは秘密警察に見つかってしまう。しかし、そこへVと名乗る仮面の男が現れ、彼女を救う。Vはテロリストで公的な建物の破壊や要人の暗殺を繰り返している。ある日、Vから追い出されたEveyは秘密警察に見つかり、拷問を受ける。独房で見つけた手記に勇気付けられながら、拷問に耐える。そして、政府への協力を拒否した瞬間、拷問から開放される。実はその拷問はVによるもので彼女の精神を鍛えようと行ったものだった。Vの破壊や暗殺はますますエスカレートし、ついには政府のリーダーを暗殺する。しかし、その後、銃弾に撃たれ、Eveyの腕の中で絶命する。そして、彼の遺体は爆薬を積んだ電車とともに乗せられ、最後の爆破とともに散る。同時にクーデターが起こり、政府は倒れる。。。結局のところ、大戦中の人体実験の生き残りがVでおそらく手記の持ち主であろうという話。

ちょっと見ていて世界観がわからないところがあったのですが、その辺は原作と映画のギャップなんじゃないかと思います。予備知識を持って見た方がわかるんじゃないかな。V役の俳優は一度も顔を見せずにかわいそうですな。

英国では11月5日に火薬陰謀事件の首謀者Guido FawkesにちなんでGuido Fawkes Nightという花火の祭りが行われるのですが、この話、Guido Fawkesの影響を受けている気がする。そして、ロンドン同時爆破テロの影響で公開日が延期になったらしい。そういう目で見るとかなり過激。
[PR]
by ikumuw | 2006-08-05 10:22 | movie | Comments(2)
Commented by W・R at 2006-12-02 13:54 x
はじめまして、ikumuwさん。
クセがありますが、楽しめました。「クーデター」と書くか「革命」と書くかで印象が変わりますね。確かにV役は顔が出なくてさぞ残念でしょうね。

この映画の中で起きた「テロ事件」を「9.11」に置き換えるとみると思いもよらなかった事柄や、この映画の「真意」が感じられるかもしれません。エイヴリー監督の911検証映画の「LOOSE CHANGE = ルース・チェインジ」が話題ですが、ご存知でしょうか? Vのように「集まろう」呼び掛けました。

06年の9月11日の再調査要求デモ動画と、
次の日にその様子を伝えたはずニュース。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv
http://www.911podcasts.com/files/video/Zahn_LC.wmv

DVDの発売前から「LC2」の無料配信が早くも開始されたようです。検索語「LOOSEチェンジ」の反響などは、下記BBSの11/22を。 尚、本文内容やLINK先とは利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://bbs9.fc2.com/php/e.php/cinepro/
http://www.harmonicslife.net/gallery/main.php?g2_itemId=775
Commented by ikumu at 2006-12-06 08:57 x
コメントありがとうございます。ご紹介の動画など、見てみますね。


<< National Museum... 数埋数置数読 >>