「イギリス病」のすすめ

a0002458_20254454.jpg「イギリス病」のすすめ
田中 芳樹、土屋 守

イギリスをテーマとした二人の作家とインタビューアの3人の対談集。

栄華を極めた大英帝国が徐々に落ちぶれて現在に至り、サッチャー政権でやや勢いを回復。そんな歴史を持つ英国。なんと見事な落ちぶれぶり。それがイギリス病。日本もバブル崩壊後、こんな風にゆっくりうまく落ちぶれていけば良かったんだという主張。最後の方は特に話を収束させるためにそういったことを強く書かれているのですが、ま~その辺は流し読みをすれば良いです。メインなのは英国がどんな国なのかということを二人の英国滞在経験を元に話されていること。私が英国に聞いてこちらの日本人に聞いたことがほぼ網羅されています。言いたい放題。渡英前に読むと良いでしょう。

本文とは関係なあくあとがきが良かった。やっぱり作家ですから対談集よりも文章を書いた方がね~。
[PR]
by ikumuw | 2006-08-19 20:25 | books | Comments(0)


<< ポケット詩集 寺田寅彦随筆集第二巻 >>