球形の季節

a0002458_2310435.jpg球形の季節
恩田 陸 (著)

東北の田舎町"谷津"。そこは昔から人が行方不明になる事件が多発する。ある日、「5月17日にエンドウさんがUFOにさらわれる」という噂が流れる。地歴研の高校生たちは軽い気持ちで噂の発信元を探るがわからない。そして、エンドウさんは行方不明に。その後も高校生の間で流れる噂と事件が続き、地歴研のメンバーは真相を探る。。。

谷津という土地がある異空間とつながっていて、何かの拍子にそちらの世界へ行ってしまう。そして、そこへ行けるようになることが進化と考えるある高校生が他のみんなもその世界へ連れて行こうとしたというのが真相。地歴研のメンバーのそれぞれの視点からストーリーを描き出して行って、クライマックスは読者が考える形になっています。

谷津というのは架空の土地と思いますが、恩田陸さんは宮城県出身ということもあり、この土地を知っているような気がします。夜のピクニックもそうでした。都会とは違った空気が感じられるのが懐かしいです。
[PR]
by ikumuw | 2006-10-30 22:41 | books | Comments(0)


<< 日本以外全部沈没―パニック短篇集 英語のルール >>