hana-bi

a0002458_8324029.jpghana-bi

ヴェネチア国際映画祭でグランプリを受賞した北野武監督。Swansea大学の図書館にも所蔵されていました。

不治の病におかされている妻の見舞いに行っている間に、相棒の刑事が銃で撃たれ半身不随に。その後、犯人を追い詰めるものの、取り押さえている最中に、後輩の刑事たちも撃たれてしまう。すっかり、切れた北野武演じる西刑事は犯人を撃ち殺す。事件後、警察をやめた西はヤクザから金を借りるような生活。ついには銀行強盗までやり、妻を連れて旅へ出る。そして、最後は。。。

海外では北野武映画といえば暴力映画という認識らしい。この映画も痛々しいです。映画の感じは"菊次郎の夏"と似ている気がする。この暗い感じが海外の映画祭で受けたのでしょう。

西刑事の相棒は刑事をやめた後、趣味で絵を書き始め、いくつかの絵が映画の中で出てくるのですが、それらは北野武監督が書いたものらしいです。絵も上手とは、ものすごく多彩な人ですね。感心。
[PR]
by ikumuw | 2007-02-04 08:34 | movie | Comments(0)


<< The S.O.U.P. Windows Media P... >>