韓国人ウ君の「日韓の壁」ってなんだろう

a0002458_19145825.jpg韓国人ウ君の「日韓の壁」ってなんだろう
禹 守根 (著)

日本が大好きで第二の故郷、父のような国というウさんが書いた日本と韓国の視点から書いた両国の印象とその関係に関する本。日本と韓国については半分くらいの内容で残り半分はウさんの行っている日韓アジア基金の活動について。日韓アジア基金は日韓で(今はアジア全体で)カンボジアで学校を開き、貧しい人々にも教育を受けることが出来るように活動しています。ウさん自身は執筆時は国際弁護士になるべく、アメリカのロースクールに在学中でした。

読んだ感じではこの人、何だか暑苦しい人だなと印象です。本書によると日本人は希薄な人間関係を好み、韓国人はそれよりも踏み込んだ関係を好むらしいので、韓国人は暑苦しいと感じてしまうのでしょう。実際、日本人は少数の身内、親友以外とはある程度の距離を保ちたいと考えていると思います。

英国で私の周りには韓国人はあまりいないんだけど、ウさんの言っている通り、他の人の話を聞くと韓国人とはすぐに仲良く慣れるらしいです。中国人やマレーシア人とも同様に仲良くなれるけどね。欧州では、私たちは東アジア人という絆で結ばれているのかもしれない。
[PR]
by ikumuw | 2007-02-20 19:01 | books | Comments(0)


<< 20世紀イギリス短篇選〈上〉 Kill Bill I and II >>