The Shooter

a0002458_23481330.jpgThe Shooter

Stephen Hunterの小説「極大射程」の映画化。

狙撃手としてエチオピア軍と戦うスワガー。作戦遂行中に仲間に見捨てられるが、パートナーを失いながらも自身は生還する。その後、山奥で生活していたが、大統領を狙うスナイパーの行動を調査してほしいと依頼され、しぶしぶ街へ出る。予定通り、狙撃が阻止されるはずだったが、突然命を狙われ、狙撃もスワガーがやったものとされる。なんとか包囲網を抜け出し、傷を癒した後、復讐を開始する。。。

スワガーがかなり強い。40人相手でも、せん滅してしまう。登場する国会議員がかなり言いたい放題でアメリカの理不尽な社会システムを描いているような気がするが、それでもそこは銃社会、銃ですべてが裁かれることもあるという西部劇のような話。

試写会だったせいか途中で映像が飛ぶ部分があったのが残念。。。
[PR]
by ikumuw | 2007-05-23 23:50 | movie | Comments(0)


<< ゲド戦記 構造物の維持管理に関わる不思議... >>