はじめての現代数学

a0002458_23201834.jpgはじめての現代数学
瀬山 士郎 (著)

もともとは1988年に出版された文庫の新書版です。内容は現代数学の主なテーマとその概念の解説を何とか数式を使わずに説明しようとするものです。初版がもう20年も前なので現代数学というよりは近代数学となっているような気はしますが,なんとなく名著な気がします。

テーマは非ユークリッド幾何学,集合論,グラフ理論,ホモロジー理論,ホモトピー理論,ファジィ理論,フラクタル理論,カタストロフィー理論などなど。目次を読むだけで盛り沢山で超難解な感じですよね(汗)。詳しくはわかりませんが,なんとなく概念は分かった気がするようなしないような。。。
[PR]
by ikumuw | 2009-09-14 23:20 | books | Comments(0)


<< 「社会を変える」を仕事にする Detroit Metal City >>