楽しいスケート遠足

a0002458_025189.jpg楽しいスケート遠足
ヒルダ・ファン・ストックム (著), ふなと よし子 (翻訳)

翻訳者から献本を頂きました~。10歳くらいを対象とした児童文学作品です。著者は画家でもあるそうで,きれいな絵も豊富に含まれています。

オランダの冬のある日。双子のエベルトとアフケは学校の先生とはじめてのスケート遠足へ行きます。わんぱくなエベルトは仲間と共に次々とトラブルに巻き込まれます。氷の薄い部分に入ってしまいびしょ濡れになったり,教会の奥に閉じ込められたり。エベルトの冒険を中心に遠足から帰るまでが描かれています。

いろいろあっても遠足は楽しいものですね~。スケートで遠足って日本では考えられないことですが,運河の国で冬は国中を結ぶ自然のスケート場ができるオランダならではです。丸一日遠足っていうのもすごいですね。今でもスケート遠足をやっているんでしょうか?是非やってみたいです。
[PR]
by ikumuw | 2009-11-04 00:25 | books | Comments(0)


<< ユダヤ人大富豪の教え 若手エンジニアのための技術経営論入門 >>