カテゴリ:movie( 178 )

阿修羅城の瞳

a0002458_1012548.jpg阿修羅城の瞳
監督: 滝田洋二郎  原作: 中島かずき
主演: 市川染五郎 , 宮沢りえ

試写会へ行ってきました。

舞台は江戸。鬼と鬼を成敗する鬼殺しの争いが続いている。鬼殺しを辞め舞台役者として活躍していた主人公出門(市川)はふとした偶然から盗賊団のつばき(宮沢)に出会う。つばきは恋をすると転生する阿修羅の仮の姿で。。。
という話。演劇がオリジナルらしい。それにしても、この脚本、おもしろいのか?SFというかアニメっぽいのが好きでないからかもしれないけど、、、

市川染五郎はハマリ役。何しろ、劇中で歌舞伎役者の役なんですから、他にいないでしょう。他の場面でも存在感を放ってました。相手役は宮沢りえでなくても良かったんじゃないでしょうか。日本アカデミー賞女優でなくて良いでしょう。ん~宮沢りえの演技を期待して見に行くと微妙かもしれません。そういう魅せるストーリーじゃないので。それから小日向文世さんが良い役でした。
[PR]
by ikumuw | 2005-04-12 10:11 | movie | Comments(2)

パッチギ

a0002458_12545498.jpgパッチギ
監・共脚:井筒和幸 脚本:羽原大介

1960年代の京都を舞台として当時の在日朝鮮人と日本人の関係を描きつつ、随所に平和へのメッセージが盛り込まれた映画です。映画の8割はケンカです。まるでビーバップハイスクールのよう。朝鮮高校と日本の高校は理由もなくケンカを続けている。そこに微妙に巻き込まれつつ進展する日本人高校生と朝鮮高校番長の妹の恋。これはウエストサイド物語?当時、在日朝鮮人にとっては北も南もないと描かれていたが、40年経った現在はどうなんだろう。過去を描いたこの作品、数年後、そのときの社会背景を踏まえて見返すと違った感想になるかもしれない。
ちょっと映画全体に品がなさすぎ。このダサおもしろさが良いのかもしれないけれど。。。それから、主人公がもっと歌がうまければ良かったのになぁ。音楽という世界共通言語は国際交流のために有効な道具だと思った。大友康平が良い味を出している。
[PR]
by ikumuw | 2005-03-22 12:55 | movie | Comments(3)

きみに読む物語

a0002458_925026.jpgきみに読む物語
監:ニック・カサヴェテス
原作:ニコラス・スパークス (The Notebook)

老人性痴呆症の老女、彼女に物語を聞かせる老人。話は物語と現実の世界を行ったり来たり。物語は肉体労働者の男性と裕福な家庭で育った女性のひと夏の恋物語。話が進むにつれて物語の主人公と二人の老人の関係が明らかになっていく。

きれいなストーリーです。そして、単純。ネタバレしないように気をつけるとほとんど何も書けない。この映画、どうにも物語と現実の世界の関連付けが薄すぎる気がする。少しずつ2つの世界が近づいてきて最後にすごいクライマックス!!と期待していたんだけどそのまま終わってしまった。それはそれで良いんだけど。本に書かれた"これを読んでくれたなら、私はあなたの元へ帰ります"という文字が全てを結び付けている。

泣き所は微妙ですが少し泣けました。物語と現実の世界、どちらも男性の役者がいい仕事をしています。すごい話題作らしいですが、それほどのものとは思えないなぁ。
[PR]
by ikumuw | 2005-02-18 09:24 | movie | Comments(0)

TAXI NY

a0002458_2242194.jpgTAXI NY

TAXIといえばリュック・ベッソン制作&脚本のスピード狂のタクシードライバーと運転が苦手な刑事のパロディムービー。前3作はフランスを舞台とした話だったんだけど、NYを舞台とした4作目?と思ったらこれは別の話でした。タクシードライバーが女性に。監督も別。

街中のカーチェイスはいいんだけど、ちょっと狭苦しい感じ。パロディ映画としてはおもしろかったかな。ちょっと、主人公その2の刑事がドジ過ぎでしょう。良い刑事だけど運転ができない。ではなく、ダメ刑事で運転もできない。だし。そんな細かいことは気にするなっていう映画。続編はあるかなぁ。ちなみにこのシリーズでは2作目の日本の偉い人が誘拐される話が好き。この映画も楽しいんだけど、やっぱりオリジナルはもっとかっこいいです。
[PR]
by ikumuw | 2005-02-08 02:25 | movie | Comments(0)

スーパーサイズミー

a0002458_1431073.jpgスーパーサイズミー
心身ともに健康な人が30日間1日3食マクドナルドだけで生活したらどうなるかという実験に監督・脚本兼主演のモーガン・スパーロック自ら挑んだドキュメンタリー映画。日々、不健康になっていく自分とアメリカの食文化、健康問題に対して医師など専門家のコメントを交えて描く。
スーパーサイズはでかすぎる。あんなの食えん。食べすぎは肝臓に良くないです。無事に(?)終われたのが何より。でも、90%の食事をマクドナルドで済ませているという人も登場しました。うまくやれば問題ないかもっていう意見の余地を残した?!
健康マニア必見。ですが、ドキュメンタリーなので映画自体のおもしろみはないかも。

実験のルール
ルール1:ファーストフード店内に存在するものしかオーダーしてはならない(水も含む)
ルール2:“スーパーサイズ”を勧められたら、断らない
ルール3:すべてのメニューを必ず一度は食べる
ルール4:朝・昼・夜の3食全て残さず食べなくてはならない
[PR]
by ikumuw | 2005-01-17 14:03 | movie | Comments(8)

ロード88 出会い路、四国へ

a0002458_1646664.jpgロード88 出会い路、四国へ

世界の中心で愛を叫ぶ、機関車先生に次ぐ四国を舞台とした映画です。

ストーリーはお遍路88ヶ所をスケボーでまわる女子高生(実は白血病で余命1年)がいろんな人(落ち目のお笑い芸人とか)に出会いながらなんとかやり遂げる。そしてハッピーエンド。というもの。

ストーリーはいくらか無理があるところもあるけど、悪くないです。感動できる。しかし、作りが安っぽい。。。作り全体もそうだし、キャストとか、音楽とかもうちょっと考えた方が良いんじゃないかと思った。テレビの2時間ドラマみたい。

四国の美しい自然は見所のひとつです。といってもほとんど観光地しかうちっていないのは残念。それでも四国88ヶ所巡礼したくなる。それから元気で運動神経良さそうなヒロインがいい感じ。新人っぽさはかなり漂っているが、、、主題歌を歌っているアイドルグループの一人らしい。これから売れるかも。
[PR]
by ikumuw | 2004-12-18 13:04 | movie | Comments(4)

Against the Ropes

a0002458_1441572.jpgAgainst the Ropes
(邦題:ファイティング・ガール(?))
2004年 アメリカ

監督:チャールズ・S・ダットン
脚本:シェリル・エドワーズ
出演者:メグ・ライアン ほか

マイナーですが最近珍しいボクシング映画です。子供の頃にボクシングジムに出入りしていたジャッキー・カレン(メグライアン)がプロボクシングのプロモーターとなり、成功をつかむノンフィクションです。話もおもしろいですが、メグライアンが良い!かっこよく、美しく、かわいい!

私はアメリカ出張の飛行機で3回くらい見ました。。。日本の映画館では上映されなかったみたいで残念。レンタルでもう出回っていると思うのでスポーツ好きとメグライアン好きは見てください。
[PR]
by ikumuw | 2004-12-07 14:41 | movie | Comments(0)

Live Forever

a0002458_1243189.jpgLive Foreverは1990年代のブリティッシュロック史に関する(で、良いのかな)
ドキュメンタリー映画。特にオアシス中心で描かれている。

まぁ、音楽は幅広く聴くのだが、この映画の中で登場する英国ロックバンドでは
オアシス以外はいまいち。。。英国はポップス系の方が良いかも。この映画を見て
それは英国のミュージシャンは歌詞重視だからなんじゃないかと思った。オアシス
はメロディも良いからやっぱり良い。

ノエルとリアムの素顔をかいま。やや幻滅。でも、やっぱり歌い方が独特でかっこ
いい。ブラーのデイモンは好印象。若さがなくなったったね~。

オアシスのアルバムでは2ndの"MORNING GLORY ?"が好きなんだけど、
ノエルが「1stの方が出来が良いのにみんななんで聞かないんだ~」って言って
たから聞きなおしてみよう。

内容とは関係ないが字幕が背景と同じ色でほとんど見えないのがいけてない。
インタビューがほとんどで文脈も読めないし、言葉も聞き取りにくいし、、、
[PR]
by ikumuw | 2004-10-07 15:37 | movie | Comments(5)