<   2005年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

かもめのジョナサン

a0002458_1415162.jpgかもめのジョナサン
新潮文庫
リチャード・バック (著), 五木 寛之 (翻訳)

リチャードバックの代表作。ま、私はイリュージョンの方が好きなんだけど。テーマも同じだし。。。
この本は薄い。だから、いつでも読もうと思うとすぐに読める。しかし、いつも何か違ったものが心に残る。厳格なルールのある社会、そこから抜け出すきっかけをくれる仲間、放たれ、新しい世界で新しい自分を見つける、そして、教授、伝承。孤独とか規律とか常識とか、いろんな場面でいろんなことを考えさせる独特の雰囲気がある。
巻末にある訳者の辛口解説も好き。必見。
[PR]
by ikumuw | 2005-01-29 14:14 | books | Comments(1)

オールドフィッシャーマンズ

a0002458_14502879.jpg一番町、アーケードの一番片平側にあるレストランバーです。貸切スペースもあり、私が幹事のパーティで利用させていただきました。素敵な雰囲気で料理もおいしく、お酒はウィスキーが充実していて、安いです。東北大学の教授御用達だそうで、店長はアカデミックなネタが豊富でした。さらにスポーツのことなどいろんなことを知っていて物知りです。お店の名前の由来を尋ねたところオープン当時に店長がヨット競技をやっていたからだとか,店内は海の男の雰囲気が漂っています。

HotPepperにも載っているのですが、ネット上にはあまり情報がないようですね~。
[PR]
by ikumuw | 2005-01-24 14:50 | Comments(0)

The world is echoed

a0002458_1510833.jpgThe world is echoed
FREETEMPO

基本的に生音の音楽が好きで、クラブ系というか4ツ打ち系は苦手です。とはいえ、良いものは良い。FreeTEMPOはだいぶ前にクラブ系好きな友人に借りて良いなと思っていたのですが、最近FMでかかっているので思い出しました。

FreeTEMPOは半沢武志さんという方みたいで仙台を拠点に作曲、DJ等、アーティスト活動をしているようです。音楽はなんというかジャズっぽい。これをクラブジャズっていうのかな。起用しているボーカルの歌がうまい。音楽だけでなくCDジャケットもすごくセンスが良いです。

公式サイトはここ
[PR]
by ikumuw | 2005-01-21 15:09 | music | Comments(0)

ASTROMANTIC CHARM SCHOOL

a0002458_13472484.jpgASTROMANTIC CHARM SCHOOL
m-flo

m-floといえば、ボーカルのLisaが抜けて、曲ごとにボーカルが変わってシングルはなんだかなぁって感じだったんですが、アルバムはすばらしい。かなりの完成度です。m-floらしい。同じヴォーカルじゃない方が良いのかも。Crystal Kayが良い。melody.が良い。

実はこのアルバムはASTROMANTICのリミックスなんです。ファンの間では完成度の高いオリジナル楽曲をリミックスしたことに賛否両論らしいですが、ASTROMANTIC CHARM SCHOOLを先に聞いた私はとても好きなアルバムです。ASTROMANTICよりも。

m-floのアルバムではおなじみの曲間のナレーションも良い味を出してます。

 LESSON6
  カレーの嫌いなインド人よりも少ないが、
  バナナを皮ごと食べる人よりも多い。。。
  というのがこの宇宙でASTROMANTICなレディとジェントルマンが
  出遭う確率だという。
  ま、要するにやがてこれは出遭う!ということだ。
[PR]
by ikumuw | 2005-01-20 13:47 | music | Comments(2)

スーパーサイズミー

a0002458_1431073.jpgスーパーサイズミー
心身ともに健康な人が30日間1日3食マクドナルドだけで生活したらどうなるかという実験に監督・脚本兼主演のモーガン・スパーロック自ら挑んだドキュメンタリー映画。日々、不健康になっていく自分とアメリカの食文化、健康問題に対して医師など専門家のコメントを交えて描く。
スーパーサイズはでかすぎる。あんなの食えん。食べすぎは肝臓に良くないです。無事に(?)終われたのが何より。でも、90%の食事をマクドナルドで済ませているという人も登場しました。うまくやれば問題ないかもっていう意見の余地を残した?!
健康マニア必見。ですが、ドキュメンタリーなので映画自体のおもしろみはないかも。

実験のルール
ルール1:ファーストフード店内に存在するものしかオーダーしてはならない(水も含む)
ルール2:“スーパーサイズ”を勧められたら、断らない
ルール3:すべてのメニューを必ず一度は食べる
ルール4:朝・昼・夜の3食全て残さず食べなくてはならない
[PR]
by ikumuw | 2005-01-17 14:03 | movie | Comments(8)

57577

a0002458_12535611.jpg57577―Go city,go city,city!
角川文庫
枡野 浩一 (著)

短歌集『ますの。』に4コマ漫画をつけた、"短歌+漫画"という新しい表現に挑戦した意欲作。おまけに全て英訳付き。しかし、私はハッピーロンリーウォーリーソングの方が断然好き。短歌もビジュアルも。この短歌を読んでいると枡野さんは自殺志願者なのか?!と思えてくる。

 「このネコをさがして」 "HELP ME FIND THIS CAT"
 という貼り紙が     "SAYS A POSTER."
 ノッポの俺の      "FOR A TALL MAN LIKE ME"
 腰の高さに       "IT'S AT THE HEIGHT OF MY WAIST"
[PR]
by ikumuw | 2005-01-15 12:53 | books | Comments(2)

どんと祭

どんと祭

正月の松飾りやしめ縄,古神符を持ち寄って焼き,新年の幸福(無病息災・商売繁盛)を祈る行事。1月14日に行われます。仙台市内では大崎八幡宮のどんと祭が規模が特に大きく,有名です。この行事に相当するものは各地でありましたがここまで盛大ではありませんでした。この日,裸で腹に晒木綿,腰にしめ縄を巻き,白足袋・わらじ履き,口に含み紙をくわえ,右手に洋鈴・左手に提灯という出で立ちで参拝する「裸参り」が行われる。
裸参りは,日本酒の本場秋田の杜氏が始めたと伝えられ,酒の仕込みを迎えた杜氏たちが中心に行っていたものらしい。今では企業や地域の団体で行われる。
[PR]
by ikumuw | 2005-01-14 15:01 | Comments(0)

あなたの視力は必ず回復する!―驚くべき新方式!

a0002458_121529100.jpgあなたの視力は必ず回復する!―驚くべき新方式!
知的生きかた文庫
中川 和宏 (著)

視力を回復させたいので読んでみました。日本ではかなりたくさんの人がメガネをしています。昔はそうでなかったわけですし、生活習慣病みたいなものです。防げば防げるのにどうしてこの状況が放置されているのか。という書き出し。アメリカでは目の病気を診る眼科の他に視力の維持改善のための視力眼科があるそうです。ビジョンセラピー。著者の提唱する方法の売りは目の周りの筋肉をほぐすというのはアメリカなどでは行われているようですが、そこにヨガを導入し、脳をリラックスさせるという項目を追加したことです。視覚というのは網膜に映った像を脳が処理して完結ですから、言っていることは正しい。極端に言うと、脳の映像処理能力が高ければ網膜にちゃんと映っていなくとも脳がはっきり見せてしまうとか。実行したらスポーツも上手になり、頭の回転もはやくなると良いことがセールストークっぽくたくさん書かれています。私の経験からしてもそれは正しい。具体的な方法は全てじゃないと思いますがいくつか書いてあります。でも、肝心のヨガのことなどはあまり突っ込んでかかれてない。詳しくは、ビジョン・フィットネスセンターに来てくださいって。。。正しいめがねの選び方も書面じゃ説明できないとか。。。書かれているエクササイズはやれば視力が向上するでしょう。次の運転免許更新までに視力を上げておこうっと。
[PR]
by ikumuw | 2005-01-12 12:15 | books | Comments(0)

狩野文庫

狩野文庫

狩野文庫は、明治の思想家・教育者として有名な狩野亨吉(かのう こうきち 1865-1942)の108,000点に及ぶ旧蔵書で、哲学をはじめ美術、兵学などあらゆる分野に及ぶ「古典の百科、江戸学の宝庫」として世界的にも知られた資料群です。

東北大学付属図書館HPの中に狩野文庫画像データベースというページがあり、いろいろ見れます。いい仕事してます。
[PR]
by ikumuw | 2005-01-10 15:01 | Comments(0)

イエスの弟 ヤコブの骨箱発見をめぐって

a0002458_2010186.jpgイエスの弟―ヤコブの骨箱発見をめぐって
Hershel Shanks and Ben,3 Witherington (原著)
舩渡 佳子, 菅野 圭子 (翻訳)

イエスの弟の納骨箱をめぐるキリスト教のお話。訳者が知人で本を頂きました。まだ、最後まで読めていません。私には内容が重くてなかなか進まない。。。

なのになぜここに書いたかというと先日↓のような新聞記事を見つけたからです。
 キリスト兄弟の納骨箱は「偽造」イスラエルで4人起訴 (2004/12/30読売新聞)
偽造だったのか?それはそれで新たな展開がありそうです。
[PR]
by ikumuw | 2005-01-08 20:06 | books | Comments(0)