<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今すぐ使える新潟弁

a0002458_1454186.jpg今すぐ使える新潟弁
~文法編~
~日常生活編~

 ふるさとのなまりなつかし停車場の
 人ごみの中にそを聴きにゆく
  (石川啄木)

新潟弁は停車場へ行かなくても聞けます。この間、帰省したときにこのCDを見かけたのです。ローカルラジオの新潟弁コーナーをまとめたCD。ネットでも聞けます。まるで英会話講座のように進む。私は新潟人ですがここまで強烈なネイティブ新潟弁にはなかなか遭遇できません。懐かしいです。笑えます。

私は聞いて意味はわかるけど、話せないというレベルなので英語と新潟弁のレベルはほとんど同じと言えるかも。
[PR]
by ikumuw | 2006-05-28 01:45 | music | Comments(0)

X-MEN3

a0002458_9315668.jpgX-MEN3

日本ではまだまだ公開じゃないみたいですが見ちゃいました。X-MENはシリーズ1はおぼえているけどシリーズ2のストーリーは記憶に無い。見た気がするのだが見ていないかも。

メインストーリーはミュータントを人間に戻す薬が開発されて再び人間VSミュータント(マグニトー派)と戦いがはじまり、そこにX-menが割り込む。主人公はもちろんウルバリンなんだけど、ストームが主役のようにストーリーが進みます。まぁ、彼女はアカデミー主演女優賞を取った大物だから仕方ないか。でも、良い仕事してます。存在感あるし。今回特に重要なのがジーン。かなり無敵です。サイクロプスもプロフェッサーXも。。。ジーンはすっかり悪役。この作品は副題がThe last standなだけあって最後はマグニトーはああなって、ジーンはこうなるわけです。あまり書かない方が良いよね。

ストーリーはすっかりアニメ無視。笑いが盛り込まれているので面白いんじゃないでしょうか。ミュータントの特殊能力をかき消す子供が出てくるんだけど、役割が少なすぎたんじゃない?
[PR]
by ikumuw | 2006-05-27 09:33 | movie | Comments(0)

天国の本屋 恋火

a0002458_7303514.jpg天国の本屋 恋火
松久 淳, 田中 渉 (著)

天国の本屋の第二作目。今回、天国に連れて行かれるのはプロだったがリストラされたピアニスト。天国の本屋で朗読だけでなく朗読の伴奏をして、プロとしての自信を取り戻していく。。。それだけでなく、今回は現世でも同時にストーリーが進む。商店街の町おこしとして昔やっていた花火大会を復活させようと青年会議所の女性が奮闘する。二つのストーリーが徐々に絡み合っていき、最後には。。。

この本は映画化されましたが、ストーリーがドラマチックでそのままで映画っぽい。映画のために書かれたのかな。配役も竹内結子主演はぴったり。本を読んで映画も見たくなりました。

やっぱり、天国の本屋の世界観と文章は大好きです。次はいつになるのかな。
[PR]
by ikumuw | 2006-05-26 07:34 | books | Comments(0)