<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

話すチカラをつくる本

a0002458_23564162.jpg話すチカラをつくる本
山田 ズーニー (著)

相手に思いを伝えるためのノウハウが書かれた本です。500円の薄い本ながら鋭いところをついてきます。

普通の人は自分の思い込みで話してしまうもの。だから伝われない。相手のことを考えるといくつか注意しなければならない点があるわけです。そんなポイントが紹介されています。おわびの仕方など参考になりました。

効果的な絵もふんだんに盛り込まれていて,分かりやすい本です。オススメ。
[PR]
by ikumuw | 2007-08-29 23:56 | Comments(0)

0からの風

a0002458_2261374.jpg0からの風

悪質な交通違反・暴走運転に対する罰則を重罰化しようとする家族を交通事故で失った被害者の実話を元にした映画。

主人公 圭子は造形作家。ピアニストだった夫を亡くし,早稲田大学に入学したばかりの息子 零と2人で住んでいる。ある日,帰宅が遅くなった零は飲酒運転,無免許運転,スピード違反,無灯火の暴走車にはねられ即死。しかし,犯人は刑法では最大5年の懲役にしかならない。そこで圭子は刑法を変えるべく,署名運動をはじめる。活動は広がってついに「危険運転致死傷罪」の制定に。その後,圭子は息子の変わりに早稲田大学へ通ったり,出所してきた犯人と再会したり。。。

実際の話をベースにしているんですが主人公が気丈過ぎて行き過ぎている感じがします。出所した犯人とのやりとりとその後は切ないものがありました。悪質な交通違反をする人は何度も繰り返すんだとか。2度目にやったときの罪を重くしたらいいんではないかな。すでにそうなってる?

交通安全を訴えるよい映画でした。どうもこの映画,早稲田大学125周年記念で製作されたようです。粋ですね。
[PR]
by ikumuw | 2007-08-28 22:06 | movie | Comments(0)

プログラムのからくりを解く

a0002458_22584712.jpgプログラムのからくりを解く
高橋 麻奈 (著)

いろんな電子機器を制御しているプログラム。それがどのような仕組みを持っているのかを説明しようとした本。雑誌の記事が元ネタらしい。

ソート,検索,画像圧縮などの方法が結構な分量を取って説明されています。私はプログラマーでもあるので読んで書いた得ることを内容を理解することはできますが,その辺に全く明るくない人が読んで理解できるかどうかは怪しいです。まぁ,この本を手にする時点で多少は興味のある人なんだから,何とかなるのかな。分かりやすく書こうという著者の気持ちもわかる文章ですし,コンピュータの入門書としても悪くないんじゃないかな。

このサイエンス・アイ新書というシリーズははじめて読みましたが,ブルーバックスをもう少しレベルを下げた感じで,読みやすくて,気軽に理系の情報収集として良いかもしれません。
[PR]
by ikumuw | 2007-08-19 22:58 | books | Comments(0)

フラガール

a0002458_165596.jpgフラガール

常磐ハワイアンセンター創設時の話。いわき市にあるスパリゾートハワイアンズですが,もともとは常磐ハワイアンセンターといって,あの地域にある炭鉱閉山後の地場産業のひとつとして開発されたものでした。ハワイアンやポリネシアンのダンサー養成所を併設していることが特色です。この映画はダンサー養成所の創生時を描いたもの。半実話。

SKD(松竹歌劇団)のダンサーだった平山まどか(松雪泰子)はハワイアンダンスの講師として福島の炭鉱町へ呼ばれる。ハワイアンダンスの知名度が低い上,女性が人前に出て働くことに抵抗のある地元民の反対に会い,難航するが,平山も福島の風土に感化され,お互いに理解するようになっていき,無事にハワイアンセンターのオープンを迎える。

ハワイアンセンターって懐かしいですね~。小さい頃に何回か行って,5年位前にも一度行ったかな。この映画,予想以上に面白かったです。しずちゃんがいい味出してますね。賞もたくさん受賞しているようでさすがです。久しぶりに行ってみようかな。
[PR]
by ikumuw | 2007-08-16 18:02 | movie | Comments(0)

巨匠ブールデル展

a0002458_2083467.jpg巨匠ブールデル展

新潟市美術館で開催中の彫刻家Antoine Bourdelleの企画展に行ってきました。新潟市役所にBourdelleの作品があり,ちょっと興味を持って足を運びました。常設店の方にもBourdelleほか,Rodin(ロダン)の彫刻もあり,新潟の人は彫刻が好きなのかも。

Bourdelleはフランス人の彫刻家で,近代彫刻の父と呼ばれるFrançois-Auguste-René Rodinのアシスタントを勤めていました。要するに弟子です。しかし,彫刻家として根本的に想像の仕方が違うことを師匠も認めていたようです。

有名なのはベートーベン像で,試行錯誤の結果,時代によって変化していく様子が見れました。また,代表作『弓をひくヘラクレス』や『モントーバンの戦士』は力強く圧巻でした。
[PR]
by ikumuw | 2007-08-14 20:07 | sightseeing | Comments(0)

どろろ

a0002458_2328849.jpgどろろ

手塚治虫原作の漫画どろろの実写版。

戦国武将 醍醐景光は天下統一のために子供の体と交換条件に48の魔物と契約した。五体不満足な子供は捨てられるが,呪い師に拾われる。呪い師は子供の不足した体の部分を補い,育てる。呪い師が死んだ後,百鬼丸は魔物を退治し,奪われた体を取り戻す旅に出かける。旅先で,泥棒家業のどろろと知り合い,ともに旅をする。そのうち,醍醐景光と出会い,父であることを知り,,,

どろろが柴咲コウである必要があるのかしら。なんか,頑張ってる感じがしました。興行的に成功したから2作目が計画されているとか。でも,だいぶ話は進んでしまったんじゃないですか?

蟲師といい,鬼太郎といい,日本ではこういう映画が流行ってるんですかね。
[PR]
by ikumuw | 2007-08-09 23:29 | movie | Comments(0)