<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

a0002458_19313894.jpg仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか
山本ケイイチ

元自衛隊員で現在パーソナルトレーナーをしている山本ケイイチ氏が書いた"筋肉は最強のビジネススキルだ"という帯の本。一応,私も指導者の端くれなんで,そういう視点で見ても特に変わったことは書かれていないので良いんじゃないでしょうか。まあ,指導の仕方というのは指導者の経歴にも依存するので,多少偏ったものになっていると思います.

どうやったら上手くトレーニングをはじめて,続けられるか。ビジネスで成功する人ほど,トレーニングをしている。というような内容です。実際のところ,成功する人は自己管理が上手で向上心もあるわけで,当然トレーニングもするわけです。運動していたら精神的にも前向きになれますし,仕事に良いように働くと思います。

トレーニングをはじめたばかり,これからはじめようという人は読むと良いでしょう。
[PR]
by ikumuw | 2008-10-25 19:31 | books | Comments(0)

3,2&1

a0002458_22581278.jpg3,2&1
小沼ようすけ

視聴して良いなと思っていたんですが,ようやく買いました。初めて聞いたときから1年以上経ってます(汗)。

何といってもアコースティックギター中心のJazzっていうのが私にとってツボなジャンルです。やはりMystic Ritesが強烈。何度も聞き返しちゃいます。自分でも引けるようになりたいなぁ。
[PR]
by ikumuw | 2008-10-18 22:58 | music | Comments(0)

キュリアス・マインド

a0002458_039070.jpgキュリアス・マインド
~ぼくらが科学者になったわけ~
ジョン・ブロックマン(原著), ふなと よし子(翻訳)

キュリアス・マインド。それは好奇心という意味です。子供の頃は誰しも未知のものに対してワクワクしていたはずですが,いつの間にか薄れて,新しい知識との遭遇さえも億劫になってしまいがちです。。。

ちょっと関係者なので紹介するのを避けてました(っていうかまだちゃんと読めていない(汗))が,この本について書くことにします。

まず,原著のことから。この本は世界的に有名な科学者27人の自伝的エッセイ集です。そういう本はなかなか難しいです。海外ではたくさんあるかもしれませんが日本で思いつくのは"好きなことをやれ!!"くらいかな。出版社の社長の伝手を使って原稿を集めたらしく,ジャンルが偏っているのはそのためです。でも,ここまで集まっているのは奇跡的らしいですよ。アメリカではかなり売れてペーパーバック版も出てます。それを私が某大学の生協で発見した。。。

日本版はただ訳すだけでなく,訳者の知人を中心に日本を代表する科学者のエッセイを追加しました。前書きは私も知っている人ですが大先生が書いてます。また,原著は文章だけのぶっきらぼうな感じだったので,フルカラーにしてたくさんの絵を追加。イラストレーターさんたちが頑張ってます。そして,大判に。。。これは読みにくいと不評。ひとつ特徴なのが,科学者でなく児童文学の翻訳家が訳したこと。これもひとつの奇跡じゃないかと思う。原著は専門用語も多数登場しているんですが,周りの協力で何とかしました。私はその中の一人です。翻訳責任者の方の真面目な性格が現れていますが,何というか,科学者が訳したら全く別の本になっていたでしょう。一冊の本が生まれるのにも背景があるもんだと思いました。

2008年のノーベル賞を日本人4人が受賞しました。日本に世界へ売り出せる資源は人や知恵しかないのです。科学や技術は日本の国力です。老若男女いろんな人に読んでもらって,何か刺激を受けてもらえたら幸いです。結構分量があるので,読み方としては興味のある部分からはじめるのが良いと思います。

目次
科学者の家系 NICHOLAS HUMPHREY (心理学)
不器用な青春時代 DAVID M. BUSS (心理学)
マウンテンゴリラとイェシバの少年 ROBERT M. SAPOLSKY (生物学)
数字は語る MIHALY CSIKSZENTMIHALYI (心理学)
父とアルバート・アインシュタイン MURRAY GELL-MANN (物理学)
ミッドセンチュリー・モダン的教育 ALISON GOPNIK (心理学)
宇宙論からの呼び声 PAUL C.W. DAVIES (物理学)
仲間の一員 FREEMAN J. DYSON (物理学)
車に乗った謎の美少女 LEE SMOLIN (物理学)
記憶の不確かさ STEVEN PINKER (心理学)
パターンと参加観察者 MARY CATHERINE BATESON (文化人類学)
合体・融合・共生 LYNN MARGULIS (生物学)
現実とのはざまで JARON LANIER (コンピュータ科学)
ドリトル先生とダーウィン RICHARD DAWKINS (動物学)
社会科学者を生み出すひとつの方法 HOWARD GARDNER (心理学)
まわりまわって脳の世界へ JOSEPH LEDOUX (脳科学)
モノとの出会い SHERRY TURKLE (心理学)
知のごたまぜ MARC D. HAUSER (心理学)
トム・スイフト少年とアイデアが持つ力 RAY KURZWEIL (人工知能研究)
子どもの情景 JANNA LEVIN (物理学)
虫の秘密を追って RODNEY BROOKS (コンピューター科学)
ニューメキシコ州シルバーシティで、ぼくは毎日物理学を実践していた J. DOYNE FARMER (物理学)
現実世界の数学 STEVEN STROGATZ (数学)
山々を庭にして TIM WHITE
メイキング・オブ・ア・サイエンティスト V.S. RAMACHANDRAN (神経学)
大きくなったら、何になりたいか DANIEL C. DENNETT (哲学)
孤独からの贈り物 JUDITH RICH HARRIS (心理学)

何でもいいよ。一所懸命考えると楽しいかもよ  岩熊哲夫
研究目標は、人の命を救うこと  今村文彦
"ε-δ"のおかげです  内丸幸喜
あぶない少年  貝沼亮介
あなたの個性で難問を解こう  小池淳一
キリマンジャロの雑感  高村仁
研究は喜び  寺田賢二郎
「どきどき」できるものを追いかけよう  元村有希子
[PR]
by ikumuw | 2008-10-13 00:42 | books | Comments(2)

ハンサムスーツ

a0002458_22534341.jpgハンサムスーツ

試写会で見ました。主演の谷原章介と脚本の鈴木おさむが来てました。

母の後を継ぎ,イタリアにまで料理修行に行ったにもかかわらず定食屋を営む塚地武雅演じる大木琢朗。琢朗は外見に大きなコンプレックスを持っていた。そんな定食屋にアルバイト希望の美少女が現れる。琢朗は一目惚れ。告白するがふられ、外見のせいと落ち込む。そこに声をかけてきた紳士服の青木の社員。秘密裏に開発されているハンサムスーツのモニターをすることに。谷原章介の姿になった琢朗はモデルとして大活躍するが。。。

とりあえず楽しい映画です。いろんな人が登場する。塚地が谷原に替わるわけで、谷原がコミカルな動きをさせられるというのが見所か。ヴィンテージギャグなるものも登場します。
[PR]
by ikumuw | 2008-10-08 22:54 | movie | Comments(0)

You & Me

a0002458_21303084.jpgYou & Me
押尾コータロー

いつかこんなCDが出ると思っていた。押尾コータローの他のアーティストのコラボ演奏集。ギターって主旋律もベースもバッキングもパーカッションさえも同時にできてしまう楽器でその特徴をかなりフルに引き出している押尾さんの演奏は普段の独奏が一番良いと思う。まぁ,ギターとの共演は良いんだけど,他の楽器とは難しいなというのが感想。CD自体は全く悪くありません。coba(アコーディオン)との共演あたりはなかなかじゃないかと思う。
[PR]
by ikumuw | 2008-10-05 21:30 | music | Comments(0)