<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「大発見」の思考法

「大発見」の思考法 (文春新書)

山中 伸弥 / 文藝春秋



ノーベル賞受賞者 山中先生と益川先生の対談を収録した本です。タイトルの大発見の思考法が書かれているかどうかは怪しいところですが,双方の科学に対する考え方がよくわかる一冊です。私も科学者なので感覚的には近い感じがしました。まあ私の分野でノーベル賞をもらえることはないと思いますが。。。ともかく私も新しい発見をしたときの興奮を味わいたい。

特に米国でポスドクをしていた山中先生の国際学術コミュニティとの付き合い方は参考になりました。なかなか同じようにできないことは目に見えていますが努力します。

<備忘録>
・研究に関する情報量・スピードがあまりに増加し,一人で全てをカバーすることは不可能になっている → 分業化・組織作りが大事
・坂田昌一先生(名古屋大学の益川先生,小林先生の師)のことば
「最良の組織と最良の哲学があれば凡人でもいい仕事ができる」
「研究は一人の天才によって行われるものではなく,組織的に行われるものだ」
・益川先生の座右の銘:眼高手低 "目は肥えているが技能や能力は低いこと" → "目標は高く持ち,行動は着実に"と解釈
[PR]
by ikumuw | 2014-11-20 05:01 | books | Comments(0)

超訳孫子の兵法

超訳孫子の兵法

許 成準 / 彩図社



ゲームクリエーターによる孫子の兵法の訳本。原文の翻訳に解説を追加したもの。翻訳はわかりやすく,原著の内容をよく理解できた。古来より生き残っている兵法書だけあって,普遍的な内容が書かれている。解説は現代ビジネスでの例示が中心なのだが,その例が的確かどうかは怪しく蛇足の部分が多いと思う。この辺は解説に徹して短くした方が良かったと思う。
[PR]
by ikumuw | 2014-11-15 20:06 | books | Comments(0)

FEW spirits

a0002458_55821.jpgFEW spirits

日本はもちろん,以前住んでいた英国に続いて現在住んでいる北米もwhiskeyの一大生産地である。近所に小さいwhiskey工場があって,そちらのwhiskeyはやや高いので自分では買えないが店や友達の家では何度か飲んだ。日本へ帰国する際の土産はこれに決定である。

日本や英国では大麦麦芽から作ったモルトウィスキーや穀物から作ったグレインウィスキーと混ぜたブレンデッド・ウイスキーが一般的でコーンやライ麦が主原料のウィスキーは主流ではないが,米国ではこちらがほとんど。どうやら私は生粋の日本・英国ウィスキー派のようで違和感がある。カナディアンウィスキーはまあそちらに近い気がします。比較的安いし。
[PR]
by ikumuw | 2014-11-06 05:41 | sake | Comments(0)