Frozen

Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014

Walt Disney Studios Home Entertainment



国際線の中でようやくFrozenを見ました。

王国の二人の姉妹。姉エルザは氷の魔法を使えるが,遊んでいるうちに妹アナを傷つけてしまい,両親は城門を閉ざし,世間からエルザの魔法を隠すこととする。その両親も事故で亡くなり,エルザは王女になることに。戴冠式のため,城が開放されるが,魔法を使えることを知られ,,,

日本でも米国でもとても人気があるのではやく見なければと思っていたのですが今に至りました。内容は愛がテーマでシリアスな面がありますがミュージカル形式で楽しい作品ですね。エルザがなぜ魔法を使えるかなど,続編への布石がいろいろあったように思います。原作があるのでそちらとも関連付けられるのかな。でもミュージカル形式だと製作に時間がかかりますね。次作も期待。
[PR]
# by ikumuw | 2015-03-03 19:41 | movie | Comments(0)

Big Hero 6

ベイマックス 北米版 / Big Hero 6 [Blu-ray+DVD][Import]



国際線の中で見ました。

幼い天才ヒロはその知恵を社会に生かす方法を知らず,非合法なロボットバトルでお金を稼いでいた。その状況を兄は憂い,大学の研究室へ連れて行き,自分が開発しているケアロボットをはじめ,最新の研究を見せる。その甲斐があってヒロも大学への進学に興味を持ち,入学審査であるロボットコンテストで革新的なロボットを発表する。しかし,その直後発生した火事に巻き込まれ兄は死んでしまい,その真実を追求していくうちに、、、

アニメとしてスピード感があって楽しい感じ。ヒロという名前の通り,日系人が主人公。ものづくりは想像以上に学ぶことが多いのでいくら天才でもこんなに幼く高性能ロボットを作れるなんて考えにくいな。ロボットのエネルギー源も明確でない。そのパワーだと核融合くらい使っているのだろうね。大学ってお宅の巣という描写も少々違和感。
[PR]
# by ikumuw | 2015-03-03 18:56 | movie | Comments(0)

Whiplash

a0002458_16353287.jpgWhiplash

国際線フライト中に見ました。英語と日本語両方で見ました。日本でも公開されるようです。

音楽学校でのジャズドラマーを中心した映画です。名門音楽学校の名門スタジオバンドに入ったネイマンは指揮者フレッチャーの厳し過ぎる指導にも必死の練習で上達し,メインドラマーの座を勝ち取る。ある大会に向う途中,バスのタイヤがパンクし,集合時間に遅れてしまう。レンタカーで向うものの途中で事故に合い,血だらけで開演直前に到着。そのまま演奏するもスティックを落としてしまい,演奏は中断。フレッチャーにメインドラマー降格を申し渡される。ネイマンはその場でフレッチャーに殴りかかり,それが原因で音楽学校を退学することになる。。。

主人公の成長と悪役とのバトル,そしてクライマックス。もうちょっと丁寧に描写した方が良かったなという部分もありましたが,なかなか面白いドラマでした。
[PR]
# by ikumuw | 2015-03-01 16:36 | movie | Comments(0)

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

デイル ドーテン / きこ書房


"The Max Strategy"の翻訳。日本語タイトルとは中身を表現したものとなっています。

季節はずれの大雪のためO'Hare空港で足止めされた主人公は子供たちと遊ぶ老人から一晩の仕事と人生に関する講義を受ける。。。

ポイント
1) 人生とはくだらないことが一つまた一つと続いていくのではない。一つのくだらないことが何度も繰り返されていく
2) 試してみることに失敗はない
3) 明日は今日と違う自分になる
4) 遊び感覚でいろいろやって成り行きを見守る

ドラマ調でとても読みやすいです。そして,O'Hare空港というのが興味を引きました。これは仕事が楽しくない人への処方箋ですね。私は仕事を楽しんでいるので良いですが,毎日が仕事が退屈という人には効くかもしれません。3を意識するのはとても良いですね。4は蛇足か。
[PR]
# by ikumuw | 2015-02-27 16:58 | books | Comments(0)

「大発見」の思考法

「大発見」の思考法 (文春新書)

山中 伸弥 / 文藝春秋



ノーベル賞受賞者 山中先生と益川先生の対談を収録した本です。タイトルの大発見の思考法が書かれているかどうかは怪しいところですが,双方の科学に対する考え方がよくわかる一冊です。私も科学者なので感覚的には近い感じがしました。まあ私の分野でノーベル賞をもらえることはないと思いますが。。。ともかく私も新しい発見をしたときの興奮を味わいたい。

特に米国でポスドクをしていた山中先生の国際学術コミュニティとの付き合い方は参考になりました。なかなか同じようにできないことは目に見えていますが努力します。

<備忘録>
・研究に関する情報量・スピードがあまりに増加し,一人で全てをカバーすることは不可能になっている → 分業化・組織作りが大事
・坂田昌一先生(名古屋大学の益川先生,小林先生の師)のことば
「最良の組織と最良の哲学があれば凡人でもいい仕事ができる」
「研究は一人の天才によって行われるものではなく,組織的に行われるものだ」
・益川先生の座右の銘:眼高手低 "目は肥えているが技能や能力は低いこと" → "目標は高く持ち,行動は着実に"と解釈
[PR]
# by ikumuw | 2014-11-20 05:01 | books | Comments(0)

超訳孫子の兵法

超訳孫子の兵法

許 成準 / 彩図社



ゲームクリエーターによる孫子の兵法の訳本。原文の翻訳に解説を追加したもの。翻訳はわかりやすく,原著の内容をよく理解できた。古来より生き残っている兵法書だけあって,普遍的な内容が書かれている。解説は現代ビジネスでの例示が中心なのだが,その例が的確かどうかは怪しく蛇足の部分が多いと思う。この辺は解説に徹して短くした方が良かったと思う。
[PR]
# by ikumuw | 2014-11-15 20:06 | books | Comments(0)