人気ブログランキング |

ガンヂー インキ消【ボールペン用】 No.800

a0002458_20145356.jpg
1歳の赤ん坊が目を離した隙に壁にボールペンで落書きをしたのです。ボールペンは油性のようで水や消しゴムなどでは消えません。有機溶媒も試してみましたが,エタノールでは少しにじむ,アセトンでは強すぎて壁紙が痛む感じ。これは専用薬が必要と思い,Amazonで購入してみました。2種類の液をボールペン部に交互に塗る。1度では消えませんでしたが3度繰り返したらほぼ消えました。1液は塩素系漂白剤で2液は有機溶媒で2種類のメカニズムで漂白ということか。確かに消えました。

# by ikumuw | 2019-05-03 20:13 | memo

Johnny English Strikes Again

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray]

ローワン・アトキンソン,ベン・ミラー,オルガ・キュリレンコ,ジェイク・レイシー,エマ・トンプソン/NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

undefined



国際線のフライトで見ました。Rowan Atkinson主演のスパイコメディJohnny Englishシリーズの3作目。
エージェントを引退して小学校で教員を務めてしたJohnnyは,人手不足のためサイバー攻撃対策の対応に召集を受ける。催眠爆弾が誤発して集まっていた他のエージェントたちは眠ってしまい,Johnnyが本件を担当することに。アナログなJohnnyがサイバー攻撃問題に挑む。。。
さすがRowan Atkinsonという面白さ。フライト中に笑うと恥ずかしい。

# by ikumuw | 2019-03-28 21:34

Green book

国際線フライト中に見ました。
黒人ピアニストDon Shirleyとその友人Tony Vallelongaの出会いを描いた実話の映画。黒人ピアニストの先駆けであるDon Shirleyは黒人差別が強く残っている中南部ツアーを行うために,Tony Vallelongaに運転手を依頼する。共に旅を続けるうちに二人は打ち解け,絆を築いていく。
強い人種差別が残っている時代には黒人が安全に旅行するための本「Green book」というものが存在し,これが映画のタイトルになっています。当時は黒人が出入りできない店やエリアがあり,そんな当時の状況がこの映画の中で描かれています。音楽には人種も国境もないはずなのですが,,,当時よりは改善しているでしょうが,今でも差別が残っている地域があるだろうなぁ。

# by ikumuw | 2019-03-25 06:26 | movie

A star is born

国際線フライト中に見ました。古典映画スター誕生をレディガガ中心にリメイクした作品。日本ではアリー/スター誕生。
歌手を志しているアリーは,ツアー中にたまたま出会ったロックスタージャクソンに見初められ,ツアーに参加することに。その後,順調に成功に向かって行く一方,ジャクソンは難聴が進行し,酒とドラックに溺れていく。。。
レディガガのための映画です。はじめはビヨンセが主演予定だったらしい。

# by ikumuw | 2019-03-24 06:11 | movie

予想どおりに不合理

予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ダン アリエリー/早川書房

undefined



Predictably Irrational: The Hidden Forces That Shape Our Decisions

Dan Ariely/Harper

undefined




Duke Universityの行動経済学を専門とする教授が執筆した行動経済学のベストセラー。人間は複雑な思考で行動しているため,一件,不合理に思える行動を取ってしまうことも多い。これを実験で解明していこうとする筆者の奮闘が描かれている。心理学と経済学を組み合わせた境界領域で面白い。また,この分野の研究者はこのような実験で評価していくのだなと勉強になった。学者らしくない文体で書いたそうで,和訳もそれを引き継いで読みやすい文体となっている。

# by ikumuw | 2019-01-24 22:31 | books

ヒューマンエラーを防ぐ知恵

ヒューマンエラーを防ぐ知恵 ミスはなくなるか (朝日文庫)

中田亨/朝日新聞出版

undefined



人為的なミスを回避するための具体的な方法を紹介している本。解説をして最後にサマリーというスタイル。人間はミスがつきもので,ミスすることを想定して何事も考えなければならないと言うことが,わかりやすく書いているとは思います。
大事なことが書かれているのはわかりますが,個人的には本書の内容にそれほど感化されませんでした。

# by ikumuw | 2019-01-23 21:42 | books