ボノボとともに~密林の闇をこえて~

原題『Endangered』。絶滅危惧種(Endangered Species)である類人猿ボノボの子供オットーと米国から来た少女ソフィーの内戦中のコンゴを縦断するサバイバルアドベンチャー。
ソフィーとオットーの出会いから内戦勃発でボノボとの密林での生活,コンゴ川の船の旅,反乱兵との遭遇など,リアルな描写で実話なのではないかと思いながら読み進めました。本書に登場する内戦はフィクションですが,コンゴの実情を表した社会派ストーリーでもあります。秩序を失った内戦時のコンゴの人間社会と女性を中心とした穏やかなボノボの社会が対比されて,皮肉のように描かれています。オットーとソフィーの別れと再会のエンディングも感動的でした。

[PR]
by ikumuw | 2017-08-20 21:28 | books | Comments(0)


<< エンジニアが生き残るためのテク... 若き科学者へ >>